FC2ブログ

プロフィール

松井勇人

Author:松井勇人
学習塾omiikoやってます。このリンクからホームページいらしてください(o^―^o)ニコ

起業家心理の研究もしてます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

google analytics

google analytics

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

BUSHMISSS ブッシュミルズ

BUSHMILLS 世界最古の蒸留所で作られるアイリッシュウィスキー。「林の中の水車小屋」というさわやかな名称が酒好きの想像をかき立てる。ただし実際はかなり大きな蒸留所だという。トリプル蒸留(3回)、アンピーデッドモルト(スモークしていないモルト)、100%麦芽化した大麦の使用という非常に個性的な製法を経て生まれるこのウィスキー。ほのかな甘みと透き通る味わいで、瞬く間にボトルを空にさせる魔力を秘めている。1700円程度。

IMG_0978.jpg
スポンサーサイト



MARS AMBER マルスアンバー

マルス アンバー。1600円。ジャパニーズウィスキー。少し前は1000円程度、幻のウィスキーと呼ばれるほど希少なお酒だったそうですが、最近では安定的に手に入るそうです。90年代のウィスキーの力強い味を出していたのはすでに昔。現在は焼きプリンのようと例えられる今風の甘いお酒に。甘味を加えたジョニーウォーカー赤といった感じです。1000円なら箱買いしても惜しくなかったのですが。同じマルスなら3&7の方がお値打ちですね。そちらは驚きの美味しさでした。90年代のウィスキーの味、もう一度味わってみたいな。

IMG_0977.jpg

バーボン、TEN GALLON HAT テンガロンハット

バーボン、TEN GALLON HAT。10ガロンとは37.8リットル。19世紀から20世紀初頭、カウボーイたちが帽子で水を汲み、馬に飲ませたのがその妙な名前の起源だという。実際には37リットルも入らない。カウボーイハットの総称ではなく、ラベルにあるようなクラウンが丸く深いものを特別にそう呼んだ。味は実にうまい。それでいて1000円しないのだから確実に当りだ。7世代にわたるレシピを受け継ぎ、ケンタッキーの季節が3年熟成させた、男らしくも芳醇に甘い酒。評判が立たないのが不思議だ。

IMG_0976.jpg

アイリッシュウィスキー JAMESON

ウィスキー誕生の地と言われるアイルランド。アイリッシュウィスキーJAMESONは普通のウィスキーより一回多い3回の蒸留を経て生まれる。熟成はシェリーやバーボンの樽を使うが、それらは実に5世代にわたって管理される。まさにspirit。タラモアデューもそうだったんですが、アイリッシュウィスキーって軽い仕上がりで口当たりがいいのが特徴なのかもしれません。1600円程度。

TS3W0300.jpg

タラモアデュー TULLAMORE DEW

タラモアデュー、アイルランドのウイスキーです。アイルランドのほぼ中心、タラモアとは大きな丘、という意味です。周りを山に囲まれ、きれいな水に恵まれ、豊かな穀物にあふれた、ウィスキーづくりに恵まれた土地。アイリッシュウィスキーはビート(泥炭)を焚いて麦芽を作る工程を踏まないため、スコッチに見られるスモーキーな味わいはありません。このお酒は三回の蒸留を経て生まれるクリアな味わいが特徴的。誰にでも好かれるお酒です。個人的感想としては、不思議なほどお酒が進まないウィスキーでした。不味いわけではないです。なぜかあんまり飲もうという気が起きません。お酒を控えたい方にお勧め?1600円程度。

TS3W0298.jpg

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ