FC2ブログ

プロフィール

松井勇人

Author:松井勇人
学習塾omiikoやってます。このリンクからホームページいらしてください(o^―^o)ニコ

起業家心理の研究もしてます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

google analytics

google analytics

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

司馬遼太郎の風景5 オランダ紀行



 江戸時代に出島にいたオランダ人の人数をご存知だろうか。その数わずか十数人。「数十人」ではなく、「十数人」である。たったそれだけの人数で、鎖国という暗闇に閉ざされた日本に西洋文明という光を差込んだのだ。そして、オランダ語を学んだ数多くの人達から、経済観念と合理的な考え方が日本中に伝播されていった。
 出島にオランダ商館が建てられた17世紀前半は、オランダの黄金時代だった。世界初の株式会社であるオランダ東インド会社が世界中で猛威を振るい、少し前までスペインの属邦だったこの小国は、地球を掴まんばかりの力を持つようになっていた。
 しかし金融操作ばかりに気をとられて、工業を疎かにしたために国力は弱まり、賄賂が当り前となり政治も腐敗した。極めつけはチューリップのバブルで、間もなくそれが崩壊。破産者が街に溢れた。
 ちなみに本書には、チューリップの値段について以下のように述べられている。「最も有名で高価だったものは、センパー・アウグストゥスという名のチューリップです。ある人物は、この球根一つに家一軒と四頭立ての馬車、それに現金二千ギルダーを支払いました。」(p148)。当時の大工の労賃は一日一ギルダー。1998年時では2~3ギルダー出せば、一ダースの球根を買うことが出来た。それと比較すると、バブル期の値段がどれだけ馬鹿げたものなのか分かる。
 しかし、オランダは滅びることは無かった。それどころか司馬は、現在のオランダを「ガラスで作られた家のように透き通っていて」と形容している。充実した福祉と豊かな余暇、整えられた町並みと個人住宅。かつての軍事力や経済力があるわけではないが、オランダ人達は今、世界でも第一級の生活を満喫している。なぜこうした変化が可能であったのか、オランダ紀行の目的もその解明にあったはずである。
 司馬は、資本主義は人類に「自由」と「個人」という二つの贈り物を与えたという。これらはこれまでの歴史上に無いほどのエネルギーを持ってはいるが、扱いを誤れば悲惨な破壊をこの世にもたらす。オランダ人は、この二つを上手く扱う術を手に入れている。そしてそれは日本社会が模範とすべきものでもある。経済力のみを自らの指針とし、GDPを中国に抜かれることに戦々恐々とするよりも、実に江戸時代以来、もう一度オランダに習うことの方が遥かに重要度は高い。彼の国で行われているように、人を奴隷のように扱えばGDPも上がりはする。しかしそれでは国は疲弊し、廃れていく。目指すべくは市民社会の実現であり、「経済大国」ではもはやないのである。
 
 ベイラント現象という良く知られた説話がある。1578年、オランダがスペインからの独立をかけて戦っている最中、オランダ人ベイラントはこっそりと敵国にも武器を売っていた。彼はそれが明るみになって咎められても「我が国では営利の自由がある」とはばかって悪びれない。これは経済における、自由とは何かという一大命題となった。
 司馬はプロテスタンティズムとその倫理性を、オランダが保持する理念として非常に重要なものだと考えていた。『オランダ紀行』ではこう述べられている。「いまは宗教の時代ではないが、資本主義には強烈な倫理性が必要であることにかわりがなく、“ベイラント現象”をふせぐことが市場原理を守ることの第一条件であることにかわりはない。」
 司馬は「自由」には強烈な倫理を持って望むことが必要だと説いた。ベイラントがその反面教師である。それではもう一つの資本主義の贈り物である「個人」が持って望むべきものは何なのか。『オランダ紀行』にはその明確な答えは述べられていないが、本書の著者は、それは「個人の自立」なのではないかと推論している。これは福沢諭吉が『中津留別の書』で述べている言葉、「一身独立して一家独立し、一家独立して一国独立し、一国独立して天下も独立すべし」を思い起こさせる。
 倫理と自立。これらを持ってオランダ人は資本主義に手綱を取り付け、市民社会の礎とした。そして司馬はオランダ人が詠んだある詩句にとりわけ感動を覚えている。
 「将来を樹(た)てないと、民族はなくなる」
900兆円の借金を抱え、問題を未来に先送りにすることで現在の生活を謳歌しているこの国には、こうした詩はかけまい。厳しい倫理性と独立の気概。もう一度オランダに習い、上辺だけのメッキのような、急いだ真似事としての偽りの制度の輸入ではなく、日本人の気質としてそれらを吸収すること。次の時代の課題がここにはある。
スポンサーサイト



テーマ : 気になる本をチェック!! - ジャンル : 本・雑誌

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ