FC2ブログ

プロフィール

松井勇人

Author:松井勇人
学習塾omiikoやってます。このリンクからホームページいらしてください(o^―^o)ニコ

起業家心理の研究もしてます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

google analytics

google analytics

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

『フロー体験とグッドビジネス 仕事と生きがい』M.チクセントミハイ



 脳は毎秒約110ビットの情報を処理することが出来る。したがって毎日16時間起きていて75歳まで生きると仮定すると、生涯に経験することは最大でおよそ1730億ビットである。ここから、何に注意を払うか、またどのように注意を払うかが、人生の中身と質を決定するということを容易に理解できる。

 このためにはビジョン、つまり、仕事に意味を与えるような最優先の目標が必要である。それによって、仕事に没頭することが出来、疑問や後悔を持たずにフローを体験できる。そのようなビジョンの最も重要な構成要素を著者等は魂(Soul)と呼ぶ。

 人は己の存在を正当化してくれる意味の体系を探さずにはいられない。魂というものは宗教的な伝統と文化的価値観から人生の初期に学ぶことが多いが、そうでない場合もあり、しばしば関係性から生まれる。人の物質的存在を超えた「関係性や意味」を持つ人生を探すことは、魂にとって最も重要なことである。本書でインタビューされたビジョンを持つリーダーたちは、とても早いうちから自分の人生を明確に形作り始めている。

 ただしこの感覚の起源ははっきりとしていない。彼らの子供時代の典型的な特徴は、悪意はなくなおざりにされていたことである。そして彼らは、彼らの天職へと方向づける劇的な人生を変える出来事などは一切経験していなかった。代わりにリーダーたちはどんな理由によるものか、ある任務をもって人生を始めたように感じられ、徐々に自分の天職の方へ成長していった。

 彼らの人生に対する態度において、最も重要だと思われる特徴は五つある。1.限りない楽観主義。2.誠実さ。3.志の高さと粘り強さ。4.常に好奇心と学ぶ意欲を持っていること。そして、5.他者に対する共感の重要性と互いを尊敬する気持ち、である。

 科学者たちや芸術家たちも誠実さを尊重し、高い志と粘り強さを持ち、好奇心で満ち溢れている。しかしビジョンあるビジネスリーダーたちの違うところは、彼らの無限の楽観主義と、同胞たちを信頼し、そして共感と尊敬を尊重していることである。これらの特徴は、このグループをはっきりと区別することが出来る特徴である。

 MBAの学生の多くが30歳までに100万ドル稼ぎたいと述べ、スタートアップはエクジットを意識し、それが夢だとする。しかしもし自分の仕事そのものに価値を見出すことが出来るのであれば、そうした夢を抱くことは馬鹿馬鹿しいことに映るだろう。永続する企業を創り上げることが出来るのは、仕事の価値を信じることが出来る人間のみである。

 ちょうど物質的経済に無料の昼食がないのと同様に、精神的経済にもタダのものは何もない。もし進んで精神エネルギーを意識の内にある現実に注がず、代わりに外部の報酬を追い求めることに空費するなら、自分の人生を自由に支配することは出来ず、結局、周囲の事情の操り人形になってしまう。ジョン・テンプルトン卿は「与える者は得て、得ようとするものは与えられない」と述べた。成功とは「自分の仕事の中で他の人を助けながら同時に自分も幸せになること」と定義できると著者は述べている。
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ