FC2ブログ

プロフィール

松井勇人

Author:松井勇人
学習塾omiikoやってます。このリンクからホームページいらしてください(o^―^o)ニコ

起業家心理の研究もしてます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

google analytics

google analytics

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

「別れこそ最上級の愛」。遥奈さんライブin ひぐらしさん。

IMG_4017_R.jpg


遥奈さんのライブへ。アンコール最後の歌は『きみのてをはなせてよかった』。

「別れこそ最上級の愛」だと、今日の日の終わりに、彼女はそう語った。

なぜだ?別れなど悲しみ以外の何物でもないのに。17年9月24日、私は遥奈さんにそんな疑問をぶつけた。

7か月後、ひとつ気付いたことがある。

ヘーゲルは『精神現象学』で、認識こそ絶対的実在、つまり揺るぐことのない自分を手に入れるための道具だとした。知とは不完全を認めて学ぶこと。認識はこの時生まれ、努力を通じて人は絶対知の方向へと浮上してゆく。

支配とは悪魔の罠。手をはなさない愛、そのエゴは雪だるま式に悪を呼び寄せ、失敗に失敗を重ねさせる。

無私の愛を持ってこの罠をかなぐり捨てろ。その時こそ、愛は観察に変容し、”認識”という神のいつくしみの祝福を受けよう。

罠を脱したありのままの自分。ありのままの彼。これで死力を尽くせる。満開の花を咲かすことが出来るのは、ありのままの姿である時だけなのだから。

IMG_4015_R.jpg
スポンサーサイト



<< G.W.F.ヘーゲル(1997)『精神現象学 (上)(下)』平凡社ライブラリー | ホーム | Barking up the wrong tree 最新ポスト。 「この狂った世界の中、どうしたらハッピーになれるか?」 >>


コメント

おいらは来る人も去る人も拒まないなw
ご隠居、浜松市のさくら台の遠鉄ストア付近の住宅地のつつじが綺麗ですぜ。

Re: タイトルなし

おひさです(^▽^)/
さくら台ですか(^^♪
休みにでも伺ってみるかもです!
サンクスです!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム